巻き取り紙管分別機

巻取り紙管分別機SP
使用済みの巻取り紙は“残紙付きの紙管”が必ず残ります。通常は古紙業者にそのままの形で引き渡しますが、 山協印刷では「残紙と紙管」を分別し、資源再生とコスト削減を同時に実現する「巻取り紙管分別機」を自社で設計開発。同時に機械の販売も行っています。
 
【巻取り紙管分別機の導入メリット】
 
●環境配慮
資源再生強化の一環となり企業が示す環境問題への 取組み姿勢をアピールできます。
●コスト削減
残紙と紙管を分別する事で、そのまま古紙業者に 引き渡すより10倍強(※)の価格で売却できます。
●簡単操作
難しい操作は一切無く、女性でもスイッチひとつで 分別できます。1本の巻取り時間は20秒程度。

(※)当社、古紙業者の場合。


寸 法  幅173cm×奥行40cm×高さ133cm
重 量 約50kg 電 源 100V1ヶ所
所要時間  1本あたり(残紙量約0.34R)20秒前後

オプション
巻取り軸2連式 フットスイッチ



 

 

 

 

LED

東日本大震災以降、電力の需給問題が大きく問われるようになり、国民一人ひとりが限りある資源を守ろうとする意識が高まってきました。省エネは自動車や家電製品に限ったことではなく、照明にも向けられるようになり電力の消費を削減できるLEDが市場で多く見かけるようになりました。経済産業省の出した「2012年までに国内での白熱電球の製造・販売を中止し、電球形蛍光灯への全面切替えを完了させる」方針が一層LEDの普及に拍車を掛ける事でしょう。
2009年、山協印刷では「環境マネジメントシステム」の一環として、東京営業所にLEDを導入。消費電力の削減と耐久性が実証され、本社工場の水銀灯もLEDに換装。最終的に全ての照明をLED化し環境問題に積極的に取組んでいきます。

【LEDの販売とサポート】
山協印刷ではLEDの普及を推進すべく販売代理活動を法人様を中心に展開しております。一般的なオフィスで採用される照明は蛍光灯の「直管タイプ」で、取り付けの際、簡単な配線工事が必要になるため導入時に当社のサポートがあると安心です。

【LEDの導入メリット】

●普通の蛍光灯より長寿命
一般の蛍光灯40Wと比較した場合LEDは15Wと消費電力が半分以下になります。
●CO2が削減できる
LEDは電力コストを削減するだけで無く同時にCO2も削減する事ができ環境保全に貢献できます。
●熱を発しない
LEDは発熱の少ない照明なので空調への負担も少なくなり省エネの相乗効果が得られます。