システムサポート部 制作課 冨田恵里香

私が手掛けたデザインが印刷物となって世に送り出され、人と人とを繋げるコミュニケーションツールになっていると思うと嬉しい気分になる。
実際にどれ位の人が手に取って見てくれているかと思うと、嬉しさから楽しさに変わってくる。
クライアントから広告の反響があったとお褒めの言葉を頂くと、デザイナーになって本当に良かったと心の底から幸せな気分になれる。
コンペで勝つ事もデザイナーの重要なミッションだけれど、人々を幸せにするデザインを世にたくさん送り出す事が大切なんだと思う。
山協印刷には優秀なデザイナーが大勢居ると周囲から認めて貰えるよう、もっともっと努力していきたい。

システムサポート部 制作課 冨田恵里香

旅をするのが好きで、全国色々な場所を見てきました。そんな放浪癖(?)のある自分が、何かの縁なのか山協印刷という場所に留まり20年以上になります。
刷版という言葉すら知らなかった自分がここまで続けられたのは、職場の先輩や仲間達の協力があっての事ですが、刷版という「仕事」の面白さが大きな理由だと思います。
デザイナーが苦労してカタチにした版下を、印刷機で印刷できるよう版に焼く。実はこの刷版という仕事がなければクライアントの伝えたい事を世の中に広められない、そう気づいた時に仕事へのやりがいが今迄以上に大きなものとなりました。
私の手がけた印刷物が、私の代わりに全国へ旅立って行く。何か不思議な感じもしますが、これからも「彼ら」の楽しい旅の手伝いをしていこうと思います。    

 

システムサポート部 MS課 主任 豊島 崇
システムサポート部 MS課 主任 豊島 崇

▲先輩社員の眼TOPへ戻る